SDGsへの取り組み

株式会社リパックは、
SDGs(持続可能な開発目的)達成に貢献します。

Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

株式会社リパックとSDGs

株式会社リパックの事業活動と
SDGsへの取組

パートナーシップで環境リサイクルと
ハイセキュリティ&エコロジーを持続する

株式会社リパックの事業活動と
SDGs

働きがいも経済成長も 平和と公正をすべての人に

企業活動を通して排出されるオフィス古紙には、機密情報を含むものもあり、情報漏洩の要因に繋がります。それを「ごみ」にするのではなく、適正処理により再資源化するビジネスモデルを25年の歳月をかけて具現化してまいりました。創業当時、オフィスにおいても新しい価値観として「エコ」が謳われるようになり、2,000年問題が話題となりパソコン入れ替え等によるごみ処理問題や情報漏洩リスクに対しセキュリティ意識が高まった時期でした。

オフィスでのシュレッダー処理は工数もかかり、リサイクル適正が悪いため可燃ごみとして扱われる状況が多くありました。リパックは、より安心・便利な処理方法を目指し、地球環境に優しく、リサイクルとセキュリティに特化したセキュアなサービスを実現する事で、事業活動を通じて地球未来に環境負荷を残さない資源循環型社会を目指し、SDGsに貢献します。

リパックでは掲げた企業理念の理解と共有を求め、働くすべての従業員に平和と公正をもたらし、働き甲斐のある職場造りを目指して、職場アンケートを定期的に実施し、職場環境も従業員の改善希望意見を検討し、適宜改訂できる体制を整えております。

株式会社リパックとSDGs

住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう

お客様よりお預かりした機密文書のリサイクル処理システムは以下よりご覧いただけます。

溶解処理された機密文書は、古紙パルプ原料となり再生紙トイレットペーパーに生まれ変わるリサイクルラインです。

  • 機密文書回収BOX

    機密文書回収BOX

  • 使用済み紙コップ

    使用済み紙コップ

  • 溶解処理パルパー

    溶解処理パルパー

  • 再生紙原紙

    再生紙原紙

  • 再生紙トイレットペーパー

    再生紙トイレットペーパー

  • 紙製ファイル

    紙製ファイル

2019年度は総量6,175トンの古紙をリサイクル処理いたしました。これは、おおよそ立木123,500本分(※)の森林伐採に匹敵し、森林環境保護の観点から地球温暖化防止(CO2削減)に貢献しました。2030年までに年間総量12,200トンを目指し森林資源の保護とCo2排出削減に貢献します。(グラフ参照)

※直径14cm長さ8m樹齢30年の立木1トンで20本換算

2環境リサイクルへの貢献には、プラスチック製品から紙製品への切り替えを推進しています。使い捨てのプラスチックコップを紙コップに、書類保管に使用されるクリアファイル(プラスチック製)も紙製ファイルに切り替える事により、「プラスチックゴミ」を削減し、使用済み紙コップも再資源化する事で、環境リサイクルを実現し、海洋汚染改善にも貢献いたします。

「つくる責任 つかう責任」を自社の環境リサイクルシステムを活用し、
未来に環境負荷を残さない、資源循環型社会に貢献し続けます。

リサイクル扱い量と2030年までの達成目標

パートナーシップで環境リサイクルと
セキュリティ&エコロジーを持続する

パートナーシップで目標を達成しよう

紙の再資源化を通じて、環境リサイクルに貢献する弊社では、セキュリティとリサイクルに特化した機密情報抹消事業を持続提供していく為に、製紙会社との間でパートナーシップを締結し、ISO27001(ISMS)認証取得しました。そして機密文書のリサイクルを自社設備で処理するために製紙工場内に機密文書処理専用の自社溶解施設を建設いたしました。
リサイクル施設にはセキュリティシステムとして、限られた社員しか入退場できない、顔認証・ICカード認証の入退管理システム、及び24時間365日稼働の監視カメラシステムを設置し、入退記録・録画記録は180日保管可能となっています。

  • ISMSパートナーズ企業

    ISMSパートナーズ企業

  • 認証&ICカードシステム

    顔認証&ICカードシステム

  • 監視カメラシステム

    監視カメラシステム

また、一般社団法人機密情報抹消事業者協会(KJMJK)に加盟し、KJMJK基準に適合したセキュリティ及びリサイクルシステムを運用し、業界全体のパートナーシップで、持続可能でより良い社会づくりに貢献していきます。